さいたま市・埼玉県 相続のことなら一般社団法人埼玉県相続サポートセンター
お問合せ
048-711-9183
受付時間 / 10:00 ~ 17:30 水曜定休
お気軽にお問合せください
トップ > 最新・相続ジャーナル

最新・相続ジャーナル

相続のきほん(その5)

2023.7.15

こんにちは。相続コーディネーターの古丸です。

 

期限があるうえに手続きの内容も大変な相続税申告、納税の準備について確認しておきましょう。

相続財産が「基礎控除額」を超える場合相続税申告が必要

基礎控除額

平成26年12月31日まで・・・5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

平成27年1月1日から ・・・3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

今までに比べて基礎控除額が4割減少!

法定相続人

の数

改正前

平成26年12月31日まで

改正後

平成27年1月1日から

1人 6,000万円 3,600万円
2人 7,000万円 4,200万円
3人 8,000万円 4,800万円
4人 9,000万円 5,400万円
5人 1億円 6,000万円

 

相続税申告の準備では書類の収集が大変な作業になります。普段の生活であまり馴染みのない書類も多いので、幾つかご紹介します。

収集する書類の例

貯金がある場合

  • ・金融機関の「残高証明書」、「既経過利息計算書」等
  • ・通帳も少なくとも過去3年分(通帳がなければ「取引明細書」を取得)

不動産がある場合

  • ・全部事項証明書の写し、固定資産評価証明等

セミナーのご案内

■満席御礼■ 相続の準備完全ガイド【第1講座】相続・相続税のきほん 第2期

2024年6月25日(火)午後2時00分~3時30分(午後1時45分受付開始)

詳しくはこちら

■満席御礼■ 相続・不動産の無料相談会

2024年7月7日(日) 午後1時00分~5時00分 (完全予約制/お一人様45分)

詳しくはこちら
相続用語集

まどかバックナンバー

当社アクセスマップ

このページの先頭に戻る